タバコが体に良くないことはご存知だと思います。
 しかし、依存性があるためなかなか止められない人が多いのも現実です。

 タバコの害は口の中には直接影響してきますので、まずは問題点を列挙します。
1.ニコチンには血管細くする作用があります。そのため、栄養が歯ぐきに届きにくくなり、歯ぐきが歯周病を治そうとするのを妨害することになります。
2.同じ理由で、正常ならピンク色の歯ぐきが赤黒い色に変わります。
3.タールには発がん性があります。
4.ヤニが歯の表面に付きデコボコになるので、歯垢が付着しやすくなります。
5.ヤニが付けば見た目も悪くなります。
などなど、さらに調べればキリがありません。

 タバコの害は特に歯ぐきに影響します。当院では、唾液のpHで酸性を「虫歯になりやすいタイプ」、アルカリ性を「歯周病になりやすいタイプ」としておりますが、後者の「歯周病になりやすいタイプ」の人には特にタバコを止めるよう勧めております。
 また、未成年の「歯周病になりやすいタイプ」の人には、将来タバコは吸わないよう説明しております。
 インプラントを希望される方で、喫煙している人は、禁煙できないうちは手術ができないと説明しております。

 タバコはやっぱりやめましょう。
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。